? インダストリアルデザイナー : 自然・環境にやさしい仕事50-資格・求人・仕事ナビ

インダストリアルデザイナー

スポンサードリンク


インダストリアルデザイナーとは、家電製品やカメラ、時計、化粧品や文房具、自動車や家具などの工業製品をデザインする仕事で、工業デザイナーとも呼ばれています。
消費者のニーズやライバル社の動向などの市場調査の結果を踏まえて、企画会議で商品の方向性を決め、デザイン企画をもとに商品イメージやデザインのアイディアを出し、イラストやコンピューターグラフィックなどで立体的に表現します。
それをプラスティック樹脂や粘土などで、何度も試作モデルを作り検討を重ねながら最終モデルを作り、デザイン図面を作ります。

インダストリアルデザイナーは、美的センスはもちろん、常識にとらわれない柔軟な発想が求められます。
今後は、ユニバーサルデザインの視点で、尚且つ環境にやさしいもの作りが重要となるでしょう。


■収入の目安

勤務する会社により異なりますが、大卒の初任給で20万円前後。
専門学校卒は、大卒より1割程度低くなるようです。


■インダストリアルデザイナーとして活躍する

主な活躍の場として、各種メーカーの商品開発部やデザイン部、独立系のデザイン事務所などがあります。

■問合せ先

中央職業能力開発協会
(試験についての問合せ)
TEL 03-5800-3602
http://www.javada.or.jp/

(社)日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)
JIDAの活動、デザイナー情報や業界ニュースなどを紹介
http://www.jida.or.jp/