? インテリアコーディネーター : 自然・環境にやさしい仕事50-資格・求人・仕事ナビ

インテリアコーディネーター

スポンサードリンク


インテリアコーディネーターとは、顧客の予算やニーズに合わせて、住宅や事務所などの内装の企画から見積もり、施行の管理までを行う仕事です。
顧客の希望や予算、ライフスタイルなどを聞き、顧客のイメージを正確につかむことが重要です。
家具やカーテンから、壁紙や照明器具など細かいところまで、図面やサンプルなどを使いながら具体的に提案し選定し、空間をトータルプランニングしていきます。
顧客が、見積もりに納得してはじめて契約するという形になります。
インテリアコーディネーターは、工事がはじまれば、現場でプラン通りに進んでいるか確認作業も行います。

インテリアコーディネーターの資格がなければできない仕事ではありませんが、取得していると就職に有利で、仕事の幅も広がるでしょう。


■収入の目安

企業に就職した場合、各企業により異なりますが、初任給一般事務よりやや高め。
資格手当を支給される場合も多いでしょう。
フリーで活躍する場合は、年収450万円前後。
福祉住環境コーディネーターの資格もあれば仕事の幅が広くなり、収入アップにも繋がるでしょう。


■インテリアコーディネーターとして活躍する

主な活躍の場として、住宅メーカー、インテリア関係のショップやショールーム、リフォーム会社、設計事務所、工務店、住宅展示場などがあります。
大手住宅メーカーの需要は少なくなっていますが、設計事務所や工務店、輸入家具店などでニーズが増えているようです。
補助的な仕事として、住宅やインテリア雑誌の編集で知識を活かしたり、テレビのリフォーム番組で活躍している人もいます。

■問合せ先

(社)インテリア産業協会
(試験についての問合せ)
TEL 03-5379-0021
http://www.interior.or.jp/