? 動物介在福祉士 : 自然・環境にやさしい仕事50-資格・求人・仕事ナビ

動物介在福祉士

スポンサードリンク


動物が持つ癒し効果を障害者や高齢者の施設や医療の現場で役立てる事をアニマルセラピーといい、それを行う人が動物介在福祉士です。
アニマルセラピーには、福祉・医療施設を訪問し、高齢者や患者に動物と触れ合ってもらうボランティア的活動の動物介在活動と、専門家により医療上の目的を設定して行う動物介在療法の2種類があります。
動物に関する専門的知識や技術だけでなく、障害者や高齢者に対する理解と医療知識も必要です。
ホームヘルパーや介護士などの資格があると、役に立つでしょう。


■収入の目安

現在、統一された公的資格はなく、ボランティアとしての活動がほとんどです。
しかし、今後医学的効果が実証されると、専門職になる可能性は大きいでしょう。


■動物介在福祉士として活躍する

主な活躍の場としては、身体障害者施設や知的障害者施設、老人福祉施設などがあります。
また、動物病院やペットショップなどに勤務して知識を活かすことができるでしょう。

■問合せ先
日本動物専門学院
TEL0120-15-1412
(インフォメーションセンター)
http://www.nitidou.co.jp/