? 緑の安全管理士 : 自然・環境にやさしい仕事50-資格・求人・仕事ナビ

緑の安全管理士

スポンサードリンク


緑の安全管理士とは、農地やゴルフ場などの緑を病虫や害虫、雑草などから守る為、管理・指導していく仕事です。
緑の安全管理士の資格には、主に食用農作物を作る「農耕地分野」と、それ以外の緑地である「緑地・ゴルフ場分野」に分かれ、それぞれ資格認定研修期間などが違います。

緑地を守る方法として農薬が使われますが、この農薬を適正かつ安全に使う知識と技術を持ち、農薬散布の際に現場指導・監督を行うのが主な仕事です。
農薬を散布する際、周辺住民に安全性を説明し、納得してもらうのも重要な緑の安全管理士の仕事のひとつです。
技術の進歩により変化の多い分野なので、常に勉強は必要で、資格は5年ごとに講習を受ける制度となっています。


■収入の目安

勤務先により異なります。
ゴルフ場のグリーンキーパーとして資格を活かす場合、月収約15~25万円。


■緑の安全管理士として活躍する

主に農業関係、農薬販売や開発関係の企業、害虫駆除業者、ゴルフ場や施設の緑地管理会社、グリーンメンテナンス会社などがあります。
中には社員全員が資格を取得している会社もあるようです。

■問合せ先

農耕地分野
全国農薬協同組合
TEL 03-3254-4171
http://znouyaku.or.jp/
農薬工業会
TEL 03-3241-0215
http://www.jcpa.or.jp/

緑地・ゴルフ場分野
(社)緑の安全推進協会
TEL 03-3231-4393
http://www.midori-kyokai.com/