? 環境カウンセラー : 自然・環境にやさしい仕事50-資格・求人・仕事ナビ

環境カウンセラー

スポンサードリンク


環境カウンセラーとは、環境保全に関する専門的知識や経験を活かし、市民やNGO団体、事業者などの環境保全活動にアドバイスする仕事です。
1996年に環境省が創設した「環境カウンセラー登録制度」に伴い設定された公的資格です。

環境カウンセラーは、自然活動、環境教育、消費者教育、環境管理監査、省エネルギー、公害防止技術、廃棄物対策など様々な分野の中から、専門分野を持って活動します。
環境カウンセリングを事業者対象に行う「事業者部門」と、市民や市民団体対象に行う「市民部門」に分けて登録され、「環境カウンセラー登録簿」が市町村役場におかれ、一般公開されています。
それを見た市民や団体からの相談や、環境学習講座の講師や環境関連事業の企画・運営など仕事依頼がきます。

大学教授や学校教師、企業で環境技術に携わる人、環境関連の市民活動を支援・指導している人が環境カウンセラーの資格を取得するケースが多いようです。


■収入の目安

「市民部門」では、ボランティア的な活動をしている人が多いようです。
「事業者部門」では、専門的技術が高いため、民間企業からの依頼であれば報酬を受け取る場合もあるようです。


■環境カウンセラーとして活躍する

主に、市民のリサイクル活動、エコ活動団体、環境教育プログラムを行う学校関係、環境保全条例の制定や原案作成を行う地方自治体などがあります。
依頼があれば地方で講演をすることもあるでしょう。

■問合せ先

(財)日本環境協会
TEL 03-5114-1251
http://www.jeas.or.jp