? ISO14001審査員 : 自然・環境にやさしい仕事50-資格・求人・仕事ナビ

ISO14001審査員

スポンサードリンク


ISO14001審査員とは、企業がISO14001(環境管理に関する国際的規格)どおりに環境管理をしているか審査する仕事です。
別名「環境マネジメントシステム審査員」「環境審査員」ともいいます。
ISO14000シリーズは、環境破壊などの一因となる恐れのある企業が、自主的に環境保全をすすめられるよう定めた「環境マネジメントシステム規格」で、さらに分類され、その中心核となるのはISO14001です。
企業が環境を守りながら生産活動を続けていく為の極めて現実的な規格で、企業独自の環境マネジメントシステムを作り、審査登録機関の審査を受けて認証されれば、ISO14001認証企業となります。
海外では、取引の条件に認証取得をあげている企業もあり、日本でも認証取得する企業が増えています。
登録審査機関からの依頼で認証取得を希望する企業に出向き、色々な観点から調査・指導・審査をおこないます。
正常時、異常時、緊急時にわけて、環境マネジメントシステムがどのように活かされているか検証し、十分なシステムであれば認証し、その後も定期的に審査を行っていきます。
審査員には、審査員補、審査員、主任審査員の3段階あり、まずは審査員補から始まり、実務経験を積みながら次の段階へ進みます。


■収入の目安

企業により異なりますが、有資格者には資格手当を支給する企業もあるようです。
県の非常勤職員の場合、月収は19~20万円程度。


■ISO14001審査員として活躍する

ISO認証機関、コンサルティング会社をはじめとして、機械・機具、電気・電子、化学・薬品、建設、商業・金融など、様々な企業で、有資格者が求められています。
経験を積み環境関係の技術コンサルタントとして独立する人もいるようです。

■問合せ先

(財)日本適合性認定協会
TEL 03-5487-0240
http://www.jab.or.jp/