? グリーンキーパー : 自然・環境にやさしい仕事50-資格・求人・仕事ナビ

グリーンキーパー

スポンサードリンク


グリーンキーパーとは、ゴルフ場やサッカースタジアムなどの競技場に植えられている芝を育成し、管理する責任者にあたる仕事です。
現場での経験をつむ事が必要で、作業員から現場監督、サブ・グリーンキーパーを経てグリーンキーパーになることができます。

グリーンキーパーの主な仕事内容は、毎朝芝の状態をチェックし、天候にあった水やりや肥料、殺虫剤の散布、雑草取りや芝の補充などの作業計画を作成することです。
芝に関する知識や管理技術だけでなく、気象学や植物学、土壌や農薬などに関しての知識も必要です。

スタジアムで活躍する様々なスポーツ選手に最高の舞台を提供するため、芝のコンディションを一番に考え管理していく縁の下の力持ち的な存在です。


■収入の目安

現場での経験を積み、はじめてなれる職人です。
経験や実力により差はありますが、5年以上の経験者で年収500万以上。


■グリーンキーパーとして活躍する

主な就職先としては、ゴルフ場や建設会社、最近では芝専門のメンテナンス会社もあります。
そこでは、芝草管理技術者や造園施行管理技士などの資格を持つ人の求人もあります。
また、フリーとして各地の現場を掛け持つケースもあるようです。
ビルの屋上緑化や公共施設の環境整備などにも、知識と技術を活かせるでしょう。

■問合せ先

日本芝草管理技術者会
芝草管理技術の向上と啓発を通してゴルフ会の健全な発展や、芝草管理技術者の確立と相互扶助的親睦を目的とする会。
http://www.jtss.gr.jp/