? 自然観察指導員 : 自然・環境にやさしい仕事50-資格・求人・仕事ナビ

自然観察指導員

スポンサードリンク


自然観察指導員は、(財)日本自然保護協会(NACS-自然観察指導員が認定する資格で、自然保護を広く伝えて実践していく重要な責任者です。
たくさんの人が自然とのふれあい、大切さを理解するために自然観察会などを通し、人と自然を結びつけるボランティア活動をします。

日本自然保護協会主催の2泊3日の講習会に参加すれば、自然観察指導員の資格は取得可能で、自然観察しながらの実技指導や自然保護の目的や方法など、様々な知識を得られます。

■収入の目安

義務教育での週休2日制が定着し、余暇の時間が増えるため、外にでる機会も多く、自然観察指導員の必要性は高まるでしょう。
環境や自然のことなどに興味を持つ人は増えるでしょう。

■自然観察指導員として活躍する

地域での活動が主な活躍の場になります。
友人などを集めての自然観察会など、他には自治体などに講師として招かれることもあるでしょう。

■問い合わせ先

(財)日本自然保護協会 (NACS-J) 普及・広報部
東京都千代田区三番町5-24 山路三番町ビル3F
TEL:03-3265-0525
http://www.nacsj.or.jp